FC2ブログ

これでA・E・F・G揃い踏み、Bは諦めた

と書くと何やらエロい響きもありますが、Amazonでオーストリアのショップに注文していたイタレリ1/72「F-5FタイガーII」を本日受け取り。
イタレリ 1/72 F-5F TigerII 20191127a

単純にホビーボスのF-5Eとニコイチすればいいと思っていたのですが、パーツ割がノーズからテールまで一体成型で上下分割になっているので、コクピットの後ろで切断してのニコイチが難しそうなのが問題。
スポンサーサイト



1/200 ハセガワ C-1”SKE” Part.1

製作上の都合から”SKE”の他にもう1機作ることにしました。
たまたま実家から持ってきた「処分予定」のストックの中にあった「C-1ナチュラル・メタル」です。
ハセガワ1/200「C-1ナチュラルメタル」

ちなみにこれを買った模型店は、今はなき東向島(八広)の「ビッグフット」です。

ハセガワ1/200「C-1ナチュラルメタル」(ビックフット)

この箱を開けてみたら、飛行スタンドが付いていたので、"SKE"は飛行姿勢で作ることにします。

ハセガワ1/200「C-1ナチュラルメタル」飛行スタンド入り

まだ胴体左右は接着していませんが、主翼、エンジンポッド(合計4つ)は接着して、胴体と主翼を仮組み。

ハセガワ1/200「C-1ナチュラルメタル」20191124a

手前が"SKE"です。
"SKE"は飛行姿勢にするので前脚、主脚扉を閉じた状態で作るのでその工作もしています。

2機同時並行で作りますが、ブログには"SKE"をメインにupしていきます。

ちなみにデカールはハセガワに問い合わせたら「在庫無し」だったので黄変している付属のデカールを使わざるを得ません。

1/72 F-2B アップしました(完)

F-2Bを本館(親サイト)「web-site らっこ屋」の「完成品展示場」にアップしました。

次はYAK-38かA-10かビゲンかドラケンを作ると言ったな。

先月、そんなことを書いた気がするのですが、あれはウソだ(笑)

F-2Bの完成が目前に迫った一昨日、完成品に空自機が少ないことに今更ながら気付いたので、せめてもう1機空自機を作ってから空自機以外を作ることにしました。
で、次作はコレです。

ハセガワ 1/200 川崎C-1 ”SKEバージョン” 20191117a

「川崎」で「SKE」です(笑)

できれば同時並行で放置プレイ中の機体か車かバイクに着手する予定です。

1/72 F-2B Part.4 Roll Out

F-2B完成しました。

ハセガワ1/72 F-2B 20191117a

完成まで何と6年半の大作です(笑)

近日中に「完成品展示場」にアップします。

トラジマ娘が来た

宿舎に帰ってきたらモデルアート社からの郵便が届いていました。

クロネコDM便

全く身に覚えがないので開封してみると、Amazonで某ショップに注文していた「DXMデカール 1/72 French AF M2000D EC5/330 Tigermeet 2010」でした。

DXMデカール 1/72 French AF M2000D EC5/330 Tigermeet 2010

ショップとモデルアート社の関係はわかりません。
肝心のデカールはおわかりのように尾翼にトラジマ娘が描かれています。

何故、私がこのデカールを買ったかと言うと、実は2011年にネットでこんな画像を見つけていたからです。

ミラージュ2000D

一見なんの変哲も無いミラージュ2000Dですが、機首の赤丸部分(アクセスパネル)をアップすると、

ミラージュ2000Dアクセスパネル

こうなっています(笑)
さすがおフランスです。
当時これを作ろうと思ってドイツレベルの1/72「ミラージュ2000D」を買って、さらにこのノーズアートの元ネタの絵もきっちり押さえてあったのですが、如何せん1/72だと小さすぎて元ネタからデカールを作っても何が何だかわからないことになりそうで、キットはお蔵入りしていました。
半年ほど前にAmazonでこのDXMデカールの「Tigermeet機」のデカールを見つけ、しばらく様子見をしていたのですが、「残数1」になったので思い切って買ってしまいました。

余談ですが、イタレリから1/72「F-5FタイガーII」が再販されたようなので、Amazonマケプレでオーストリアのショップにポチってしまいました。
何故かイタレリの「F-5E」と同じパーツ分割で凹モールドのホビーボスの「F-5E」があるので、ニコイチで何とかなるんじゃないかと。

1/72 F-2B Part.3

何とかデカールを貼り終えました。

ハセガワ 1/72 F-2B 20191110a

細いラインが途中で切れるのはある程度想定内でしたが、主翼下面の日の丸が割れて剥がれてしまいました。

ハセガワ 1/72 F-2B 主翼下面

下面なので塗料でタッチアップしてもいいのですが、デカールを貼り直すことにします。
そもそもこのF-2Bを作り始めたのが2013年で、その時点でデカールが黄ばんでいたので新しいデカールをハセガワから取り寄せ今に至っているので、この黄ばんだデカールを再利用しようというわけです。
黄ばんだデカールの再利用法として日光に当てる、漂白剤に浸すなどあるようですが、私は2013年当時この古いデカールを数日間日光に当てて効果が見られなかったので、今回は日光曝露法の亜流、ネイルアート用UVライトボックスで数日間紫外線に晒してみました。

ネイル(レジン)UVライト

結果として白い部分の黄ばみは完全に取れませんでしたが、透明ニス部分はほぼ黄ばみが取れました。
ハセガワ 1/72 F-2B デカール

写真ではわかりにくいのですが、右側の日の丸の左にある黒線の透明ニス部分はほぼ透明になっていますが、比較のためUVライトが当たりにくい場所に置いた左側の空中給油後指示線のデカールはかなり黄ばみが残っています。
結局日の丸デカールは赤い部分のみ切り抜いて貼ったので、関係なかったんですけどね(笑)

あとはクリアを吹いて完成に持ち込みます。

食器乾燥機買いました

タイトルのまんまです(笑)

当然モデラーにはおなじみの「山善YD-180」です。

食器乾燥機(山善YD-180)

これも去年自作をアレコレ考えていたのですが、熱源問題が解決できず、結局コレに落ち着きました。
これからの季節、これが無いと塗装作業が捗りません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR