FC2ブログ

2018年総括

2018年も残すところ1時間ほど。

今年は単身赴任と言う想定外の事態もあり、ブログ更新はそこそこですが、肝心のプラモデル製作もほとんどできませんでした(言い訳 may be)。

プラモデル年間購入数は合計20個。
うちエアモデルが17個、そのうち半分弱が「エリア88」関連。
その今年最後を締めくくる20個目が何とこれ。
ハセガワの「1/72 アメリカパイロット/グランドクルーセット」です。

ハセガワ 1/72 アメリカパイロット/グランドクルーセット 

久しぶりに宮原のイエローサブマリン本店で購入。
タミヤ/イタレリのF-100Dを買った時にも書きましたが、「エリア88」のF-100Dを製作する時のシチュエーションにパイロットが必須のため。
ウチにもあったのですが、パイロット(3体)は全て使用済み。
サードパーティーからパイロットフィギュアも出ていますがいいお値段なので、他のクルーを無駄(犠牲)にしてもこのキットの方がお得です。
ひょっとしたら来年最初の購入もコレになるかも知れません。

今年のブログ更新はこれで終わり、来年のことは来年書きます。

see you again
スポンサーサイト



回収完了

実家に年末の挨拶に行ったついでに残っていたストック品を回収。

回収品の山

今回回収したのは約130個、これで実家から全て引き上げたことになります。
前回持ち込んだモノと合わせて柏崎赴任の間に処分する予定なのですが、実家に持ち込んでいたプラモはリスト化していなかったので、ダブリや意外なモノがありました。

A88ドラケン、クフィル、F-5E 

○エリア88シリーズ。
最初にシリーズ化された時のモノ。X-29はともかくドラケンは二度目のシリーズ化と合わせて2つになりました。

○クフィルC7
イタレリとタミヤ、モノは同じ。またデルタ翼が増えてしまいました。

○F-5EタイガーII
これもイタレリとタミヤでモノは同じ、当時は凹モールドのF-5Eが出るとは思っていなかったので、模型店で見かけたら即買いでした。もっとも凹モールド版(ホビーボス)はこれをコピーしたものなのは皆さんご存知のとおり。

AV-8A、F-4 

○AV-BA
フジミとエッシー。先日エリア88のキム・アバ機を作るのに、エアフィックス社製をイギリスのショップから取り寄せたのは何だったのか。

○F-4
エッシーのバイセンバードとRF-4C/E。
エッシーのF-4はロングノーズ型のノーズの処理にやや問題がある以外出来が良く、フジミ、ハセガワ版が出るまでF-4のベストキットでした。

ラムちゃん 

○ラムちゃん
ツクダのジャンボフィギュアJrシリーズの「マジシャン ラム」とバンダイの「ハイスクールラムちゃん」。特に語ることはありません(笑)

ラムちゃん、青空翔女隊 

○青空少女隊
真ん中の箱3つ。ハセガワの旧版T-4と登場人物のフィギュア付き。
このT-4はとにかくノーズの形が悪く、後にハセガワが新型を出したため黒歴史的キット。

C-1 SKE 

○C-1
買った当時は単なるバージョン展開版でしたが、今ではバージョンの名前が・・・
コレは作らないと。

いずれも古いモノなのでデカールが黄ばんだり劣化していたり凸モールドなので、よほどプレミア的キットで無い限り二束三文になるのは承知の上。

リニューアルコンプリート

プラッツの1/72「航空自衛隊T-1Bジェット練習機」が本日到着。

プラッツ1/72 T-1B 

これで、1/72の空自ジェット練習機T-33、T-1、T-2、T-4が全てリニューアルされました。
(T-4も一度ハセガワが新金型で作り変えています)

この後、プラッツからはF-4EJ改がアナウンスされていて期待大ですが、T-5、T-7のプロペラ練習機も出してほしいところ。特にT-7。

また、ハセガワから限定品で1月に「ランチア デルタ HF インテグラーレ 16v ”スキーバージョン”」の発売が予告されていますが、付属フィギュアが過去に発売されたモロにアレなフィギュアなので多分買うんじゃないかと。
こうなるとアオシマ/BEEMAXにはセリカST165のノーマルバージョンの発売を期待したいのですが、出せるものならとっくに出しているか・・・
これくらい各社コラボ、協力してやって欲しい。
タミヤのセリカGT-R(ST162)の内装とアオシマのST165のボディをガッチャンコして「雰囲気ST165」をでっち上げるのもアリかも知れませんが、古いキットの調達とニコイチする手間をかけてまでやる気力がありません。

ACT III 燃える蜃気楼

タイトルをご存知の方はオッサンです(^^;

先日「おフランスブーム終焉」と書きましたが、やはり「ミラージュ2000」は外せないと思って、タミヤ/イタレリの「ミラージュ2000」を探したのですが、ネットでは結構なプレミア価格になっていたので、東京出張やウチに帰った時に秋葉原ローラー作戦を決行したのですが、どこにも無かったので結局楽天で割と良心的プレミア価格だった某店から購入。

タミヤ/イタレリ 1/72 ミラージュ2000 

で、ハセガワのエリア88シリーズ「F-100D スーパーセイバー”ミッキー・サイモン”」が本日到着。

ハセガワ1/72 F-100D スーパーセイバー ”ミッキー・サイモン” 

既にタミヤ/イタレリのF-100Dを確保してあるので、デカールのみ使用です。
そのデカールですが、大人の事情で尾翼のパーソナルマークに番号がついていません。

ハセガワ 1/72 F-100D ”ミッキー・サイモン” デカール 

マーキング&塗装図の尾翼もハートマークのみ指示があるだけで、「貼る指示のないデカールはご自由にお使い下さい。」となっています。

私は「F-14A ミッキー・キャット」を買っていないのですが、きっと同じなのでしょう。

ちなみにタイトルはエリア88のOVAの第3巻のタイトル、「蜃気楼=ミラージュ」でお後がよろしいようで...

待つこと幾星霜

待ちに待ったSWORDの1/72「U-125A JASDF Air Rescue」が本日到着。

SWORD 1/72 U-125A JASDF 

製品化には何やら曰くがあったとも聞いていますが、アナウンスがあってから一日千秋の思いで待っていた製品です。

amazonで今日入手したのですが、先週金曜日に東京出張で秋葉原に寄った時にはAKB-YS、ボークスでは既に発売されていて、思わず買おうかと思ったくらいです。

肝心のキットはパーツを見た限りでは中々良さそうです。
塗装も最近の洋上迷彩機も作れるようになっているのですが、惜しむらくはデカールが小松救難隊しか無いところです。
どこか百里救難隊と言うより全救難隊デカールを出してクレメンス。
ちなみに現時点では作るとすれば従来のライトブルー機です。
週末また秋葉原に行くのでまだ残っていればもう1機買うかもしれません。

ところでこれが売れたら飛行点検隊の「U-125」を出すんだろうか?


どんどん1/72から離れていく問題

先日発売された「世界の傑作機 No.187 ハンドレーページ・ヴィクター」を読んで、思わずamazonでピットロードの1/144ヴィクターを購入してしまいました。

ピットロード 1/144 ビクターK.2 ”デザートストーム” 

1/200ですが「アブロ・ヴァルカン」もストックしてあるので、残るは「ビッカース・ヴァリアント」ですが、ヴァルカン、ヴィクターと比べると「普通感」は否めないのと、1/144、1/200で手頃なキットがありません。

今日は車で雪降る長岡市まで遠征、長岡駅前の龍文堂さんに行ってみました。
元々の目的は、先日終焉した「おフランスブーム」の残滓でタミヤ/イタレリの「ミラージュ2000C」探しだったのですが、レアな「F-4E」や「F-4S」はあったのですが、肝心の「ミラージュ」無し。
何の気なしに車・バイクの陳列棚を眺めていたら、コレを発見。

アオシマ 1/12 CHP ロスアンゼルスPD ウインドシールドタイプ 

細かいバージョン違いで4種類あったので、その場でスマホで検索して、「白バイ野郎 ジョン&パンチ」で使用されていたバージョンを購入。
自分がカワサキ乗り(400まででしたが)になったきっかけの一つがこのドラマで使われていたZ1000Pです。
遠征で思いがけぬ掘り出し物に当たりました。

と、自分のプロフィールに「1/72航空機(戦闘機)をメインに~」と書いているのに最近すっかりそれ以外の話ばかりなのは問題。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR