FC2ブログ

1/200 MARIKO JET part.4

ようやくここまで終わりました。

ハセガワ1/200 MARIKO JET 基本塗装終了

水平尾翼も塗装済みです。

いよいよこれからデカール貼りになりますが、今週半ばから遅い夏休みで家に帰るので10日以上はこの状態です。
家に帰った時に「モデルアート」の「MARIKO JET」のニューキットレビューを探します。

エンジンポッドだけは塗装することにしたのですが、コーポレートカラーを作るのに必要な「パープル」がストックに無かったので、これも家に帰った時に秋葉原に出るのでその時に買ってきます。
パープルくらいこちらでも買えると思いますが、、コーポレートカラーに必須の「色の源」(マゼンダ)はどこにも売っていないので、前回帰った時に買ってきたのですが、パープルまでチェックしていませんでした。

余談ですが、新潟空港にもピーチ便が発着しているので、「NGT48 JET」を飛ばしてくれないだろうか?
そうすれば関西からのファンも今まで以上に呼び込めると思うんだが。
大阪が拠点で、博多便もあるのでNGT単独でなくてもNMB、HKT、NGTで何とかならんか?
スポンサーサイト



♪オイラーはモデラー

以前、うすめ液のボトルの改造についてドヤ顔で書きましたが、撤回です。

ホームセンターで売っている小容量(40cc)のオイラー(油差し)で必要十分です。

オイラー

キャップの色が同じなので、ラベルライターでラベルを作って貼っていますが、本体の表面に凹凸があるので、完全に密着していません。
これを買った近くのホームセンターでは青いキャップしか扱っていなかったのですが、調べてみたら赤や黄もあるようなので色違いを揃えた方がわかりやすいと思います。

続きを読む

1/200 MARIKO JET part.3

予告どおり「MARIKO JET」です。
何と3年ぶりの更新です。

ようやく本塗装前の下地仕上げまでたどり着きました。

MARIKO JET サフ吹き

塗装(デカール勝負の機体ですので、本来はここまでパパっと作らなければならないのですが、我が家のお嬢様、ラムちゃん(猫)が齧ったエンジンポッドの修復に思いの外時間がかかってしまいました。
機体全面をデカールでラッピングするようなものなので、現在発売中の「モデルアート」の特集は走者一掃のタイムリースリーベースです。

ちなみに胴体へのサフ吹きには即席で「麻里子様のお立ち台」を作りました。

麻里子様のお立ち台

もちろん、これからの本塗装にも使います。

amazonプライム・ビデオで「宇宙戦艦ヤマト2199」の配信が始まったので、「コスモファルコン」も復活させるか・・・

それにしても塗料1個買うにも苦労する土地なのには参った。

キム・ハリアー2

下(前)の書き込みの続きで、早いうちに凹モールドのAV-8Aを調達しておこうと思ったのですが、単身赴任先が飛行機モデラーにとっては流刑地のような場所なので、端からネット通販一択。

フジミとエアフィックス、念の為エッシー製も探したのですが、フジミとエッシーは入手不可能、エアフィックスも売り切れ店がほとんどでしたがまだ国内でも何とか入手可能な状態。
ただしその「何とか」が問題で、最低でも4千円以上、1万7千円のボッタクリプレミア価格の店もあり、それに店によっては+送料。

そこで海外のショップを探したら、エアフィックス&ハリアーそのものの本国、イギリスのショップで14.27ポンド、送料込みで20.37ポンド、本日のレートで3千円弱という良心価格だったので8月14日に発注、船便でどんぶらこっこと運ばれてきて、先月末に到着、諸般の事情で本日受け取り。

 エアフィックス 1/72 AV-8A

なお、キットの内容は他のモデラーさんのサイトを参照してください(他力本願)。

さて、肝心の製作の方ですが、以前の告知どおり「MARIKO JET」をボチボチ作っていますので、次回更新は麻里子様です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR