FC2ブログ

ダクト工事

塗装ブースの排気ホースですが、エアコン用の穴に入れようと思ったら、エアコン用穴の内径とホースの外径がピッタリ一致していてそのまま差し込めればいいのですが、エアコン用の穴の内側に出っ張りがあるためそこだけ内径が2~3ミリ小さくなっていて、ホースもジャバラの枠(山の部分)が硬いため差し込めません。

そこで買ってきたのがエアコン用の穴の内径とほぼ一致するエアコン用スリーブです。

エアコン用スリーブ

本来は壁に開けた穴のインナースリーブとして使うものです。

これを排気ホースに半分ほど差し込みます。

排気ホース+スリーブ

排気ホースの内径とスリーブの外径が同じですので差し込むだけで簡単に抜けたりはしません。

このまま壁の穴に入れてもいいのですが、外から「何かが」入って来るおそれがあるので、キッチンの排水口に付けるネットを先端に被せて輪ゴムで止めて壁の穴に差し込みます。

排気ホース+スリーブ+排水口ネット

排気ホース取り付け状態

排水口ネットの目はそんなに細かくないので排気の障害にはなりません。

これで気兼ねなくプラモデル製作にとりかかることができますが、もう一つ、1年以上使っていない塗料をチェックしたら、予想通り残り少なくなっていたカラーは溶剤分が揮発してしまって超ドロドロならまだしも完全に干からびてしまっているカラーも多数あったので、「真溶媒液」と「うすめ液」を状態に合わせて注入してしばらく放置して溶融を待つことにします。

で、記念すべき移転第一作は作りかけですが「MARIKO JET」に決定(画像は無い)。
まだ切った貼ったのレベルなので、やっているうちに塗料も使えるようになるでしょう。
ちなみにパテや接着剤も乾燥して使い物にならなくなっている可能性もありますが、これはさすがに買い直します。
瞬着は100均で十分です。

次回は製作記事を載せられるようにがんばります。
スポンサーサイト



ナンチャッテQ-5

トランペッターの1/72「Nanchang Q-5Yi」をamazonで入手。
こういうちょっとマニアックな機体(と言うより飛行機モデル全般)は赴任先ではまず入手困難です。

トランペッター 1/72「Nanchang Q-5Yi」

で、箱を開けてノーズ周りに違和感、コレジャナイ感があったので調べてみたら、中国海軍向けの「雷撃機」仕様でした。
元の空軍向けQ-5Cはとっくに発売されていて、どこをどう勘違い、思い違いしたのか、これがその空軍型だと思っていました。
そんなこと買う前に気づけと小一時間・・・
おまけにこの機体、調べた限りでは海軍でもほぼ試作機扱い、少数生産機のようです。

それでもQ-5と言うより「強撃5型」は一度作ってみたかった機体(あのMIG-19をよくここまで魔改造したものだと感心していた)なので改めてパーツをチェック。
とりあえず気になったのは、排気ノズルや主翼の境界板にエッチングパーツを使っている割にコクピットのサイドコンソールはモールドどころかデカールすらついていないというアンバランスさ。
機体の塗装指示が全面白なのにもかかわらずボックスアートは銀塗装にしか見えない。
実際、白塗装のようなのですが、この機体、銀塗装か中華機独特の変な色の迷彩色の方が合っていると思います。

という訳で、現時点で早くもノーマル(インスト通り)に作るのは諦める(面白くない)ことにします(笑)
どこぞの国の仮想敵機仕様も面白いと思います。まあ中国軍内の設定でもいいですけど。

さて、エアコンも入ったし、道具も揃ったし、おまけに時間もあるのでこの2年がんばりたいと思います。

仮設製作室開設

引っ越し先での模型生活は酷暑が過ぎてからと思っていましたが、エアコン配備が決まったので、急遽セットアップしました。

模型製作スペース(仮)

家から持ってきたテーブル(奥)には塗料ボックスと塗装ブースの塗装スペース、手前のキャンプ用テーブルセットが製作スペースです。
座るのはキャンプ用テーブルのイスを使い、壁側の奥に座ります。
これだと壁が背もたれになるので腰も楽ですが、かなり狭いです。
手前の黄色いカラーボックスには用具類を諸々入れてあり、使う時にテーブルの上に持ち出します。
使い勝手が今イチなところは今後少しずつ改善していく予定ですが、単身赴任期間中限定ですので、あまり費用はかけられません。
この状態でもいいのですが、座る場所と塗装テーブルとの距離の関係で、塗装テーブルと製作テーブルに隙間が出来ていて、この隙間が気になるので、製作テーブルの上に一枚板を置いて隙間を埋める予定です。
ちなみに塗装ブースの排気は壁の下に空いているエアコン用のダクトに接続しています。

機材更新

元々塗装ブースを買い換える予定でネットであれこれ探していたところ、手頃な価格のエアタンク付きコンプレッサーがあったのでまとめてamazonに発注、本日届きました。

塗装ブース、エアコンプレッサー

塗装ブースはあれこれ迷ったものの、結局GSIクレオスのMrスーパーブースコンパクトで排気はエアコン配管用に予め開けてある穴に通す予定です。
コンプレッサーはワールドコンセプトパートナーズという輸入商社(?)が「三方良し」と言うブランドで出しているもの。
写真撮影後、開封して動作確認をしてみましたが、コンプレッサーの作動音も思ったより小さく、模型には十分なスペックかと思います。

で、問題は夏の暑さだったわけですが、何とエアコンの取り付けが決まったので、暑い日も快適に模型ライフが送れることになりました。
もっともエアコンを取り付けるのは隣の部屋なのですが、続き部屋なので扇風機を使えば二部屋十分冷やせます。

明日から三連休で、県庁所在地の港では護衛艦「ひゅうが」が一般公開をしたり、16日には市内上空をブルーインパルスが飛行するのですが、ここは車以外の交通機関で県庁所在地に往復しようとすると相当不便な場所(一応、市ですが)なので、あれこれ手段を考えたものの、時間や費用から結局諦めることにして、急転直下で夏に稼働可能になった模型部屋のセットアップ、塗料類の再確認、そもそもまだ片付いていない部屋の整理、地元の祭りに費やすことにします。

引っ越しました(by AKB48teamK)

先週日曜、月曜で引越し作業を終え、月曜午後から新天地で勤務しています。
ウチからプラモデル用具ほぼ全てと作りかけのプラモデル+αを持ってきたのですが、ようやく食う・寝る・着る・ネットる(笑)の整理が終わったところで、プラモデルまでまだ手が回りません。

そんな中、土曜日に実家にストックしてあったプラモデルの半分ほどを持ち込みました(よって勤務地はお察し(笑))。

実家のストック(一部)

保管してあった場所の関係上、ほとんどがF-4ファントムなのですが、それだけではつまらないので「ミンキーモモ」とかマクロスの「リン・ミンメイ」「早瀬未沙」フィギュア、それに隠れてわかりませんが、ツクダのジャンボホビー「ラムちゃん」(ビキニ、夏セーラー服)、「三宅しのぶ」を持ってきました(^^;

もっとも作るわけではなく、基本的には処分するために実家から運び込みました。
引っ越し先もエアコンなしで過ごすことになるので、当分夏休みです。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR