FC2ブログ

1/72 F-2B アップしました(完)

F-2Bを本館(親サイト)「web-site らっこ屋」の「完成品展示場」にアップしました。
スポンサーサイト



1/72 F-2B Part.4 Roll Out

F-2B完成しました。

ハセガワ1/72 F-2B 20191117a

完成まで何と6年半の大作です(笑)

近日中に「完成品展示場」にアップします。

1/72 F-2B Part.3

何とかデカールを貼り終えました。

ハセガワ 1/72 F-2B 20191110a

細いラインが途中で切れるのはある程度想定内でしたが、主翼下面の日の丸が割れて剥がれてしまいました。

ハセガワ 1/72 F-2B 主翼下面

下面なので塗料でタッチアップしてもいいのですが、デカールを貼り直すことにします。
そもそもこのF-2Bを作り始めたのが2013年で、その時点でデカールが黄ばんでいたので新しいデカールをハセガワから取り寄せ今に至っているので、この黄ばんだデカールを再利用しようというわけです。
黄ばんだデカールの再利用法として日光に当てる、漂白剤に浸すなどあるようですが、私は2013年当時この古いデカールを数日間日光に当てて効果が見られなかったので、今回は日光曝露法の亜流、ネイルアート用UVライトボックスで数日間紫外線に晒してみました。

ネイル(レジン)UVライト

結果として白い部分の黄ばみは完全に取れませんでしたが、透明ニス部分はほぼ黄ばみが取れました。
ハセガワ 1/72 F-2B デカール

写真ではわかりにくいのですが、右側の日の丸の左にある黒線の透明ニス部分はほぼ透明になっていますが、比較のためUVライトが当たりにくい場所に置いた左側の空中給油後指示線のデカールはかなり黄ばみが残っています。
結局日の丸デカールは赤い部分のみ切り抜いて貼ったので、関係なかったんですけどね(笑)

あとはクリアを吹いて完成に持ち込みます。

1/72 F-2B Part.2

気がつけば3ヶ月ぶりになる「F-2B」の更新です。
目の手術の影響で細かい作業ができなかったりしていたのですが、ようやくデカール作業に入りました。

ハセガワ 1/72 F-2B 20191022a

とりあえず垂直尾翼のシリアルナンバーと主翼上のウォークウェイ、空中給油レセクタプル周りのラインを貼ったところで「ギブアップはしない」。

ウォークウェイのラインはうかつに扱うと切れてしまうので一部デカールフィルムを使用。

完成が見えてきたので早くも次作の選定に入っているのですが、先日ウチに帰った時に資料を持ってきたこの4機のうちのどれかです。

「ビゲン/ドラケン」「A-10サンダーボルトII」「YAK-38フォージャー」

1/72 F-2B Part.1

F-21Aが完成して「次は自衛隊機だ!」と叫んでしまったので、仕掛品で柏崎に持ち込んだハセガワの1/72「F-2B」にとりかかることにしました。
ハセガワ 1/72 F-2B 20190722a
塗装もほとんど終わっていて、エンジンノズル周りの塗装でちょっと心が折れて放置していたものなので、気合を入れてノズル周りの塗装と水平尾翼端のグレーを塗装。
ただ、問題が一つ。
キャノピーが見当たらないんだよなぁ(^^;
まぁウチに帰った時に探して、見つからなければアフターパーツで取り寄せます。

それとツールクリーナーの使い勝手向上のため、「ガス抜き洗瓶」を購入。
ガス抜き洗瓶
以前もこのようなツルクビボトルにうすめ液を入れて使っていたのですが、夏場になると溶剤の気化で内圧が上がるとツルクビから液漏れを起こしていたので使うのを止めたのですが、とあるモデラーのHPにこれが載っていたので迷わず購入。
キャップ部分に付いているエア抜きバルブ(ネジ)を緩めるとガスが抜けるのでツルクビからポタポタ漏れることもありません(ただし、気化した有機溶剤が室内に流出するので注意)。
製品ラインナップが1リットル、500ml、250mlなので最小の250mlを買ったのですが、私にもこれでも大容量で、とりあえず一回の消費量が大きいツールクリーナーを入れました。
もうひと回り小さな100~150mlサイズがあるとありがたいのですが、「モデラー用」では無いので仕方なし。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR