FC2ブログ

1/144 MS-06S ZAKUII part.6

塗装ブースを改良してから初めてのプラモデル製作です。
と言っても下地まで出来ていたショルダーアーマーを塗装しただけですが。

シャア専用ザク ショルダーアーマー塗装

これで次はグレー部分の塗装に入れると思ったら、まだ手の甲や動力パイプの塗装が残っていました。
やはりブランクが長いと段取りが悪くなってしまっています。

塗装ブースの使い勝手は、吸引力はアップしたかどうかは正直不明ですが、照明については明らかに効果があります。
また、最近ブースの上に猫(ラムちゃん)が乗るので、ブース保護のためにブースを囲うように木枠を付けたのですが(ラムちゃんのお立ち台)、この縁にエアブラシホルダーも取り付けたので、ブラシの取り回しも多少改善されました。
スポンサーサイト



1/144 MS-06S ZAKUII part.5

正月中に完成させると豪語していたのは誰でしたっけ(^^;
という訳で、胴体部分、いわゆる「あずき色」部分を「ビン生」塗装。

ザク 胴体部分

微妙に色指定が違っているランドセルも塗装済み。

なお、塗装クリップが刺さっているベースは模型用ではなく、猫の爪とぎの廃品利用です(笑)

1/144 MS-06S ZAKUII part.4

ぼちぼち進んでいます。

いわゆるシャアピンクの部分は8割ほど塗装を終わりました。

手持ち武器はファーストのイメージでバズーカとヒートホークだけにする予定ですが、バズーカ砲身先端の接合部をパテ埋めして整形するのも面倒です。

バズーカ全体

砲身先端 加工前

そこで、バズーカ本体(発射機)は使い捨てでは無く、何度も使用される(はずな)ので、砲身先端部にも補強のリブが入っていたと仮定して、接合部に細切りのプラバンを巻いて接合部を隠しました。

砲身先端 加工後

1/144 MS-06S ZAKUII part.3

事前に組める部分はほとんど組んで、塗装に入りました。

1年以上塗装作業をしていないかったので、昨日エアブラシの手入れをして、とりあえず(シャア)ピンクの塗装に入ったのですが、今日は気温と湿度で塗料が中々乾燥せずに苦労しました。

下塗り無しで、専用カラーをダイレクトに塗装していますので、最初どの程度色が乗ったのか分かり難かったのですが、塗装前と後を比べると結構色味が違っていました。

ザクII塗装中(左:塗装済み、右:未塗装)

左の脚が塗装済み、右の腕が未塗装です。

1/144 MS-06S ZAKUII part.2

昨日までの状況。

ZAKUII 製作中

接着したのは両肩(四角い部分)、腕関節、胸部、足のフレーム、写っていませんが背面のランドセル。
それ以外はまだバラせる状態。

ロボットを作るのも久しぶりなのでパーツの多さに面食らっています。
戦闘機どころか、30年前のガンプラと比べてもパーツ多すぎ。
関節部分があるので、どうしても塗装の手順が面倒になります。

基本的にピタパチなのですり合わせにあまり手間はかかりませんが、速度重視で、下塗りなしで塗装する予定のため、色味が異なるパテでヒケや合せ目の修正をせずに、瞬間接着剤オンリーで作業をしています。

基本的に素組みでやりますが、頭部モノアイの支柱と通信アンテナ(昔は中隊長の飾りと言っていただろう)は細く(薄く)仕上げています。

頭部工作

最初、三が日で完成を予定していましたが、思いの外手間取っているので、1月内完成を目指します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR