FC2ブログ

戯言61「56th全日本模型ホビーショー」

タイトルは去年をコピペして修正しただけです。

今年は昨日(土曜日)の開場時間前に東京ビックサイトに着いたにもかかわらず、諸般の事情でチケット購入直前でミッション・アボート、今日(日曜日)のお昼に仕切り直しで行ってきました。

詳細(と言うほどの中身は無い)は後日アップします。
一部ブースでイベントコンパニオン(ほぼコスプレ)が5~6人いたのですが、個人的にイチ推しは何となく誰かを思い出させるハイテックワールドのコンパニオン。

ハイテックワールドコンパニオン

なお、会場での出費はモデルアート11月号のみ。
スポンサーサイト



戯言60「55th全日本模型ホビーショー」

家庭の事情で一般公開日初日午前に行ってきました。

今回の目玉は何と言ってもアオシマから1/72「偵察ヘリOH-1ニンジャ」の発表です。
20150926a.jpg

20150926b.jpg
今までアオシマは第二次大戦時の日本軍機しか出していないので、やや奇異に感じましたが、最近出している1/72陸自車両の延長と考えれば納得です。

で、「飛行機のハセガワ」ですが、こちらは目立つ新製品(現用機)の発表は無し。
先日進水したヘリコプター搭載護衛艦「かが」の発表がありましたが、1番艦「いずも」のバリエーション展開に過ぎません。
20150926c.jpg

同じく海自関係で、YS-11の代替で導入された1/200「C-130H」も展示されてましたが、これも従来製品のバリエーションに過ぎません。
20150926d.jpg

その「C-130」に関して言えば、プラッツ取り扱いのミニクラフトから1/144で「C-130J」が出ます。やはりこれくらいの大きさの方が作りやすいと思います。
20150926e.jpg
製品化されるのは、最新のC-130Jスーパーハーキュリーズなので、自衛隊で運用しているC-130Hとはプロペラ等異なりますが、バリエーション展開を期待したいところです。

話しをハセガワに戻して、「超時空要塞マクロス」の新製品、マクロス要塞型がTV版と劇場版で展示されていました。劇場版の方は、光ファイバーで電飾。
20150926f.jpg

20150926g.jpg
そう言えば、昔イマイの1/5000「マクロス要塞型」に光ファイバー(光源は麦球)を仕込んで作った気がします。かれこれ30年以上前の話ですが・・・
しかし、改めてTV版を見ると、既出ネタではありますが、プロメテウスとダイダロスは逆の方が良かったんじゃないかと思う。プロメテウスが左舷側だと、アングルドデッキから艦載機が発艦できない。←甲板に引かれた斜線部分から艦載機を発艦させる。なお、発艦方向はマクロス本体方向(^^;

トミーテックのブースにパトライトを載せた赤いGTRが展示されていたので、何かと思ったら、何と「さらばあぶない刑事」(2016年1月30日公開予定)の劇中使用車らしい。
20150926h.jpg
と言うことは、恭兵さんがGTR運転するの?

石原プロモーション関連で、西部警察の車両模型も展示されていましたが、舘ひろし扮する鳩村刑事が乗っていた「スズキGSX1100Xカタナ」が展示されていましたが、これプラモデル出して欲しいんですけど。
20150926i.jpg
レジンで128,000円なんて手が出ません。

タミヤなど他のブースもざっと見て回りましたが省略。

模型界も「ガールズ&パンツァー」とか「艦これ」が人気のようで、実物大チハ(九七式中戦車)とか艦これのコスプレをしたおねーさんが愛想とチラシを振りまいていました。
20150926j.jpg

20150926k.jpg

では、また来年。
早くニンジャ出ねぇかな...


戯言59「続・僕らの考える夜」

連休のスタート、土日2日間かけて、ストックヤード(屋根裏部屋)の整理しました。
大はタミヤの1/32F-4EJファントムIIから小は1/144の戦闘機まで約280個を全てチェックして、1次セレクション、2次セレクションを実施。
その結果、約1/3の100個超をリストアップ。
ジャンル別では飛行機が36%、AFVが44%、艦船が43%、車・バイクが24%、アニメ系が56%をリストアップ。
飛行機系は予定通りF-4、F-15を約半分まで減らしました。なおMARIKOJETは3機、全て温存(^^;
車・バイクが意外と低いのは、スーパーGT、西部警察、あぶない刑事などのキャラクター系を温存した結果。そもそも初音ミクBMWだけで5個あったりする。
反対にアニメ系はガンダム系全てがリスト入り。
これを日曜夕方、某買取業者にネットで見積もりを依頼。
今日の午前に業者から査定の返信があり、総額ベースではだいたい自分が予想していた額とほぼ同じでしたので、買い取りを依頼。
実物査定で若干下がると思いますが、そこは割り切りです。

次は実家にストックしてあるプラモデルの処分ですが、今回依頼した業者の買い取り方法だと、リストだけ作ればプラモデルをこちらに持ってくる必要が無いのでいいかも知れません。まぁ親には荷造りの手間賃を払うことになるので、ほぼチャラになる気がしますが、実家からこっちにプラモデルを運ぶ手間を考えたらそれでもいいような気がします。

これで作業卓まわりもすこしすっきりした(ストックヤードに収まりきれないプラモが作業卓まわりに積んであった)ので、残る連休少しでも腕を動かすことにします。

戯言58「僕らの考える夜」

AKB48島田晴香cが表題番組の中で、今年12月の誕生日までに6kgダイエットできなければ卒業と言われたそうなので、自分も卒業と言うかダイエットについて考えてみた。

ダイエットと言ってももちろん自分の体重の事ではなく、いわゆる「未完山」のダイエット。

既にストックヤードが未完山で溢れかえっているにも関わらず、年間10個以上は未完山が増え続けるという、運動不足の大食いデブ状態。
なお、ストックヤードの拡張と第2ストックヤードの実家への現時点以上の持ち込みは不可な状況。

何処に何を売るかは追々考えるとして、この先どれくらいプラモデルを作れるかまず考えてみた。

今の日本人男性の平均寿命は80才(80.21才)なので、何とか平均寿命まで生きるとしても、死ぬ寸前までプラモデルを作れる状況にあるとも思えないので、70才を超えたあたりでプラモデルの卒業公演を行うとすると、残り約20年。
定年延長若しくは再雇用で、65才まで通勤時間など今とあまり変わらない状況で働くとすると(これはこれで凹む)、65才までは今まで同様、平日模型製作に割ける時間はほぼ無し。
退職後、完全リタイヤできたとして、一日フルに模型製作に時間を使えるのは残りの5年間。しかし現実的には毎日一日フルに模型製作に時間を使える訳はない。

一方、年間いくつ完成させる(できる)かは、現状では多めに見ても1作/年という惨状。
65才までは週末モデラーとして、いくつかを同時進行させ、相当がんばっても平均月1作がいいところなので、1作/月×12ヶ月×15年で180作、65才以降は平日も模型製作に相当の時間が割けるとしても、老化による製作効率の低下も見込んで月2作として、2作/月×12ヶ月×5年で120作、合計で約70才までの20年間で300作。
実際はこんなに都合良く進む訳では無いので、現実的にはその2/3、200作も作れればいいところかと。

手元のデータでは、ストックヤードの未完山は各ジャンル、大小合わせて約300個、実家にも恐らく100個くらいはあるので、今後もある程度増える事を考えると、半分くらいはダイエット(処分)する必要がある計算。
まず、当面の問題として、ストックヤードに空きを作らなければならないので、今ストックヤードにあるF-4、F-15などの複数あるキットを思い切って減らさなければなりません。スペシャルマーキング機だからなんて言ってられません。。

もっともそんな机上の空論を考えている暇があったら手を動かせと...それとプラモデルと関係ない場所(文字)を強調するなと(^^;
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR